« 2009年7月 | トップページ | 2010年3月 »

WH-6700其の三 インプレッションの巻

走ってきた。    
タイヤはHUTCHINSONのFUSION2チュブレス
表面がぬるっとしているかのような、食いつきが良さげな感触がする。
リアタイヤをロックさせるつもりでブレーキかけても今までよりロックしなかったり、コーナーリングで滑りそうなヒヤヒヤした感じも無い。とはいえチューブレスだからというのでは無いでしょう。同じタイヤでクリンチャーと比較した訳でもないのにチューブレスは乗り心地が良いだの踏み出しが軽いだのオカルトなことは言えませんから。
せいぜいリム打ちパンクのリスクが無い高性能クリンチャータイヤってところじゃないでしょうか。
 
残念な事にシーラント30ccを入れるとWH-RS20+タイヤ、チューブ(300g)とあまり変わらない重量なんですよね。PRO3とかコンチ4000とか履いた方が安く軽くなって良かったかも?なんて思っちゃったりして。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WH-6700其の二

買いましたー。取り付けましたー。だけで走れる訳じゃないので、
バイクをひっくり返して振れ取りとセンタリングをした。

フロントの振れが1mm弱で、リアの振れが1mm強
センターのずれが、フロント1.5mm、リア3mm
リアはブレーキが当たる程だったので、通販の人は気をつけましょう。

適正なサイズのスポークレンチが無かったので、付属レンチで作業を行った。
まあ縦振れは分からないけど、横触れとセンターずれは直した。
取りあえず走ってから再度調整になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WH-6700を

買った。話題のチューブレス対応の激安ホイール。
重さは実測で、
F/693g
R/976g
とりあえず今のタイヤをそのまま装着した。
チューブ+タイヤの重量は前後とも300gちょうど。
スプロケ、クイック込みでの実測値は、
F/1070g
R/1580g
RS20からはF/▲80g、R/▲130gという結果。

チューブレスタイヤはホイールだけ交換した状態での試走をしてからにするつもり。
RS20も価格的に良いホイールなんで、違いが判るとも思えないけど(w@荒サイ

サイコン用のマグネットが小さくて笑える。
右はキャットアイの。
P1010517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年3月 »